PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Day3 Canterbury

日増しに暑くなってます。
お昼のこの時間帯は外を歩くのも、危ない暑さですね!!!

 さてさて、イギリスの旅もとうとう最終日。
 この日はLondon Victoria からCanterburyまで
 東南東約85㎞、列車の旅でした。
 カンタベリーと言えば、大聖堂。そして、オーランドブルームの出身地なのですね~~(^^)

 ポストにこんな悪戯が
IMGP1473uk.jpg


さてさて、当日はお天気があまり良くなく、ちょっと涼しい。
雨が前夜から降ったのでしょうね。
緑も濃く、いい感じに。
IMGP1467uk.jpg
 
IMGP1466uk.jpg
 城壁
   車と比べても、大きいですね~~。
 カンタベリーの事をあまり予習していかなかった事と、とある事件が発生し
 効率よく回れませんでした
 唯一の心残りです!!

カンタベリーとは?


古代ローマ人の侵入 聖アウグスティヌスの布教 バイキングの侵略
ノルマン人の渡来など大聖堂を中心に2000年の歴史があるのだとか・・・

 中世の街並み、こんな風やったんや~☆と、のんびりもしていたれなかったんです。

こちら、大聖堂への入り口
「クライスト チャーチ ゲート」
ゾクッとしましたよ、ゾゾゾ!と。

IMGP1486uk.jpg
 真中のキリストは、銅でできているのでしょうか。
 迫力!

クローズアップして
1486-2uk.jpgクリックで大きくなります。


 天使たちの、持っているものは? 
 真中の天使に左の方から何かがたかっているようにも見えます。

1486-1uk.jpg
 一つ一つ意味があるのでしょう。
 この門の、色んな模様の意味を知りたいです。
 王冠、かぶってますよね。

IMGP1509uk.jpg
 中にも、以前は色彩豊かであったであろう、さまざまなエンブレムが。
 
 私、なぜか門にググッときたのち、気がそぞろになりまして、
 大聖堂自体は本腰いれて見学していなかったのです。

 mayaっこさんは、「すっごいですねぇ!!」と感動してたのですが
 この、温度差は(^^;)

 ドイツのケルンの大聖堂と比べてしまう自分がいました。。。
      無にならないと~~(反省


IMGP1504uk.jpg
ステンドグラス
 実際に起きた出来事が。 
 文字も書かれています。ラテン語…?

can-1uk.jpg


そして、大聖堂の中を見学中、mayaっこさんとはぐれました。

あら?あらら??

あたりを見回してもいないので
通るであろう通路のイスに座って待っていました。

そして数分後、無事合流。

 地下を見学していた模様。。。mayaっこさん、大興奮中。

 そろそろ、町を見学しようと、大聖堂を出て敷地内にあるトイレに行くことに。

トイレの館も、古くて面白いのです。
あたりにはこんな大きな木が数本生えていたり。
IMGP1526uk.jpg

 バラのハマナシが大きなヒップをつけていたり、
 壊れた壁があったりと、雰囲気があったのです。

数分は経ったのでしょうか。
なかなかmayaっこさんが出てきません。

 おなかでもこわしたんやろか~。

 心配になり、再びトイレに戻り「mayaっこさ~~ん。まきんこさ~ん。いてますか~?」
 と、問いかけるも、無反応。
  
 それどころか! トイレには一人もいないのです。

 あれ?あれれ??? どこに行った???


 外を見渡しても、mayaっこさん、おらず。
  いったりきたりして、当たりを探すも、みあたらず。
 入ってきた入り口付近を見たりしたのですが、みあたらず!
 さっきから警官がウロウロしていたので、もしや、mayaっこ、危ない目に?!
  
・・・・・・・・探せど探せど、見渡せど見渡せどいないのです。

 30分はそうしていたでしょうか、イライラが募ったその時

  「う○○ま さ~~~~ん♪」と手を振りながら満面の笑みでかけよってくるmayaっこが!

どぉっこいってんのよ!!とワタクシの雷、イギリスの地で落ちる。

 


 そのトイレ、レバーがヒモ?タイプのもので、グイッと引っ張って水を流すのですが
 うまくいかずに流れなくて、次に来られた人にジェスチャー等をまじえ
 伝えていたそうなのです。
 だいぶ遅れをとってしまったと思ったmayaっこさんは
 私がもう門の外にでた! と思いこみ、後ろも振り返らずに急いで外へと出てしまったのです。


  さぁ、mayaっこさんも外にはいない私を探します。
  
  そして、再び中に入りたくとも、

      きゃぁ~・・・・・・英語で説明できません・・・・・・・・

    それでも、彼女、なんとか再入場を果たし、無事に再会!となったわけなのです。
                        (そのやり取りを見たかったなぁぁ)

 そして、雷が落ちた後、本格的にシャワーが降りだしました。
   (イギリスではにわか雨の事をshowerというそうです)

  な・の・でお昼前だったので、レストランに入ることに。

u/IMGP1544uk.jpg" target="_blank">IMGP1544uk.jpg
 おお。フィッシュ&チップス たくさんのピーとタータソース。
    
  このお魚は鱈なのですが、ホクホクで、おいしいのです。
  初フィッシュ&チップス 意外といけますね!!

 食事をしたら機嫌も直り、エールを飲んで二人ともご陽気に。

IMGP1539uk.jpg
 イギリスのウェイターさんはみなさんそうなんでしょうか。
 とてもおしゃべり好き。 
 この3日間に入ったレストランすべてで
 「はーい、僕はベン。 楽しんでる~?」
 「どこから来たの~」みたいな事を話しかけてくれます。

 私たちが日本人だと分かったウェイターさんが
 こんな一言を。
IMGP1546uk.jpg
 ルーケさんにみえますが、きっとルークさん。
 ごちそうさまでした♪♪♪

とても楽しかったので、ナプキンを
IMGP1549uk.jpg
 鶴にして、イスの上にとまらせてきました。

 次回はおしゃべりをおしゃべりで返せるようにがんばらねば~~。

IMGP1556uk.jpg
 そして、通り雨があがり・・・
IMGP1562uk.jpg
 整備されていないところが、良かったです。

IMGP1557uk.jpg
 さぁ、次はRYEへ!
 とCantabery west stn.へと歩いている最中も、雰囲気ある建物がたくさんでした。
 
IMGP1585uk.jpg
 あれ?私の写真の撮り方いがんでますね。
 でも、このつぎはぎ感。たまりません!

 そんなこんなで、一路ライへ・・・

   ファイナルへと続く

| U.K. | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://roseharu.blog39.fc2.com/tb.php/577-d294d958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。